バナー

交通事故と弁護士への相談

交通事故には、人身事故と物損事故、車同士や車と人や自転車、最近では自転車が加害者になる場合などさまざまです。
車同士の事故の場合、片方が一方的に加害者で、もう一方が被害者ということはまれで、過失割合を判定して、どちらがより悪かったかでお互いの損害を賠償することになります。



停止中の車に追突した場合など、過去の事例でも過失がゼロと認められている場合を除いて、過失が少ない側の運転者は、逆に自分に過失があったとは認めがたいことが少なくありません。明らかに相手が悪いと思っている場合に、1割は自分も悪いと考えることは容易なことではありません。

交通事故で自動車保険を利用する場合、解決を保険会社に任せることもできますが、納得がいかない場合は弁護士に相談することも可能です。
ネットでも、交通事故の相談を、無料で受けてくれる弁護士がいて、実際に相手との交渉を依頼する場合には、契約して報酬を支払います。

交通事故の事例について調べるなら、こちらをご覧ください。

また、加入している自動車保険に弁護士費用特約が付けてあれば、弁護士への相談料は保険で賄うことができます。

事故の修理や相手方の補償に保険を使うと、ノンフリート等級が下がって翌年以降の保険料が上がってしまいますが、弁護士費用特約は、利用しても等級に影響がないのでデメリットがありません。
事故処理に納得がいかない場合や、プロの助言がほしい時には、この特約があると便利です。


なお、複数台の車を所有している場合、すべての車の保険についていなくても、別の車でこの特約を使うことも可能です。

All Aboutに関する情報が満載です。